看護師の一年目の転職は簡単なの?

看護師の一年目というと、まだ技術力もなく、看護師としては半人前です。しかし職場の厳しさ、仕事の厳しさ、また人間関係の悩みなどで看護師転職を考える人もいるのです。決して珍しい転職の形ではありません。
一年目は就職してすぐに看護教育スケジュールによって、指導が始まります。病院によってはマンツーマンでプリセプターが付いて指導を行うこともあります。反対に先輩看護師一人が新卒をまとめてみる場合もあります。この看護教育は、1年、2年の長い期間で予定が立てられることが多く、それぞれに目標も設定されています。その目標をクリアすると次の段階に入るのですね。
一人前に働けるようになるまで段階的に指導が行われ、新人教育にはとても大切なものなのです。しかし学校を卒業して入ってきた新人は、これまでに実習のみの経験で、病院のことはほとんどわかりません。初めて臨床で目にすることが多く、頭にある知識と業務を結び付けて仕事をすることは難しいのですね。また覚えることのたくさんあるので、毎日の業務と自己学習の繰り返しで疲労がたまっていくのですね。
また病棟では人間関係も複雑。医師や患者、先輩に囲まれて良好な関係を築いていくには時間がかかるのです。このような悩みを抱える一年目は転職を考えるようになったしまうのですね。この場合まだ知識がないのはあたりまえ、即戦力は受け入れる病院は望んでいませんが、第二新卒として再教育を行って、病院の必要な人材として育てるのです。